見世物小屋エレジー




イヤァオ!( ゚∀゚)ノ



気のせいかもしれませんが、そんなにモテない人に限って
彼女(彼氏)の事を人に話すトキ、「相方が~」と言いません?www
オマエは漫才師かと。
オレはそんな言い方しませんが、モテません ジンです(=゚ω゚)ノ ドーモ



2月19日(木)



なんだかツマラン。

なにがツマランのかわかんないけど

なんだかツマラン。


寒いのがツマランのか

なにかと忙しいのがツマランのか

ブログのネタが無いからなのかwww


2月のイベントって節分くらいしか思いつかなくて(笑

豆屋の人や寿司屋の人は年に一度のビッグウェーブかもしれないけど

オレの中では少し地味だ(笑


余談じゃが小学校の同級生に豆屋の小川くんってのが居た。
自宅兼工場では毎日豆を釜で炒ってて香ばしい匂いがしてた。
店頭に並ぶのは豆菓子のみ。
今思えばよく生計が成り立ってたなぁと思う(笑


2月って祭りやイベントが少なくてテキ屋の人たちからすると

ホッと一息つける休息月なのかもしれない。


そんなどーでもイイ事を考えながら今日も仕事してた(笑




祭りといえば、


子供の頃、毎年欠かさず行ってたお祭りがあって、

祭りの日だから特別に貰った500円札を握り締め

友達と楽しみに行ったもんだ。


今は全く見なくなったけど、

30年以上前には「見世物小屋」ってのがあったなぁ。


その祭りにも毎年同じポジションに見世物小屋が来てて

看板におどろおどろしい絵が書いてあり

小学校低学年のトキ、親と一緒に行って、

怖いもの見たさで親に「あれが見たい」とせがんでも

「ダメだ!」の一点張りだった。


入場料が一人500円もしたからオカンはケチって見せてくれないんだ。と思ってた。


高学年になって、友達同士だけで祭りに行くようになり

「見世物小屋に入ってみたい」という願望を叶えるトキが来た。


しかし所持金は500円。

見世物小屋に入ってしまうと、オレの今年の祭りはそこで一巻の終わりである。

りんご飴も、焼きもろこしも、カステラ焼きもガマンしなけりゃならない。


友達と相談し、見世物小屋の一点勝負に賭けることにした。

その年の見世物は「怪奇!!ヘビ女」だった。


看板には髪の長い女が先の割れた舌を出し、下半身は鱗に覆われたヘビの姿をした絵が描かれていた。

小屋の入口には大声で口上を述べるオッサンが居て

「さぁさ!寄ってらっしゃい見てらっしゃい!
世にも奇妙な頭は人間、体はヘビのヘビ女だよ!
これを見逃すともう二度と見れないよ!さぁどうぞ!」



コレは見たい・・・(゚A゚;)ゴクリ

世の中にそんな生き物が居るのか・・・

入口で500円を払い、黒幕で仕切られた薄暗い小屋の中へ入っていく・・・

もうドキがムネムネだ(; ・`ω・´)



中は通路のようになっており、立ち止まらずに見ながら進めと促される。

そこには・・・・




5メートルほど離れた先に白い襦袢を羽織り横たわった髪の長い女の人が

着色したであろう真っ赤な舌を出し、下半身に神楽で使う大蛇の尻尾みたいなのをスッポリと履いていた。


数十秒で通過して、外に出される。



「なぁ、アレ作り物だよな?(;´Д`)」

「うん、作り物だな」



子供ながらに完全にヤラレた感が満載だった。

オカンが「絶対にダメだ!」と言ったのはこの事実を知ってたからだろう(笑


オレ達はりんご飴もカステラ焼きも買わずに帰った・・・







そして一年後



また祭りの時期がやって来た。

同じように500円札を握り締め、友達と祭り会場の神社へと。

今年も同じ場所に見世物小屋が陣取っていた。


小屋の前を通るオレ達にオッサンが口上を述べる。

「さぁさ!寄ってらっしゃい見てらっしゃい!
世にも奇妙な、顔は人間、体はウシのウシ男だよ!
これを見逃すともう二度と見れないよ!さぁどうぞ!」




「オイ!ウシ男だってよ!(; ・`ω・´)見てみたくねぇか?」


「去年のはなんかの間違いだったのかも知れん。入ってみよう」


入口で500円を払い、黒幕で仕切られた薄暗い小屋の中へ入っていく・・・

もうドキがムネムネだ(; ・`ω・´)




そこには・・・



プロレス興行の前座でミゼットプロレスをやってるような

すごく身長の低いオッサンが牛の着ぐるみを着て四つんばいで

パカパカ走り回ってた・・・・(;・∀・)

30年前という時代を考えたとしてもクオリティが低すぎる。



「今年もヤラレたな・・・(;´Д`)」

「うん・・・また500円全部使っちゃったよ・・・」


と言いながら外へ出ると

神社の大きな木のたもとに、すごく小さいオッサンが三角座りして待ってた。


「アレ、絶対ウシ男の友達だな・・・」

「だな・・・・もう帰ろう(´・ω・`)」




家に帰って、小遣い全部使って見世物小屋に行ったと言うと

叱られると思ったので、絶対に言わなかった。




そしてさらに一年後




また祭りの季節がやって来た。

オレは6年生になっていた。

もう騙されない。

今年こそリンゴ飴やカステラ焼きを買って帰るのだ!



また同じ場所に見世物小屋が陣取っている。

オレ達は足早に通り過ぎるが、オッサンは今年も大声で口上を述べている。

「さぁさ!寄ってらっしゃい見てらっしゃい!
世にも奇妙な、顔は人間、体はハエのハエ男だよ!
これを見逃すともう二度と見れないよ!さぁどうぞ!」




「ハハハ!ハエ男だってよ?前に外国のSF映画で見たよ。
図書室に本もあったぜ!ハエの顔のマスク被ったヤツwww」


「チョット待て!顔が人間で体がハエだって言うとるぞ!?」


「な・・・ん(; ・`д・´)だと・・・」




オレ達は入口で500円を払った。

もうドキがム(以下省略




薄暗い小屋に入ると、5mくらい先に普通のオッサンが立っている。

柵があり近寄れないようになっていた。

よく見ると手にジャムの空き瓶のようなモノを持っている。


「さぁ!よぉーく見て!コレが世にも奇妙な顔が人間、体がハエのハエ男だ!!」

と言いながら瓶を指差す。

目を凝らすと確かにハエのようなものが瓶の中をブンブン飛び回ってる・・・

視力2.0のオレの目を持ってしても顔は確認出来ない。

たぶんニカウさんでも無理だ。


完全に詐欺だwww

よく考えると、いつも大人は小屋に入って来なかった気がする。

完全に子供騙しなんだったんだろう。


「やっぱり今年もヤラれたな・・・(´・ω・`)」

「あぁ、リンゴ飴とカステラ焼きを買って帰ろうや」



オレ達はリンゴ飴とカステラ焼きを食べながらチャリで帰った。


6年生になったからって、オカンが1000円くれたからな( ・∀・)ノ




現在は見ようと思っても、もう祭りには居ない。

もしかしたらアナタのまわりで飛んでるハエ、顔は人間かもよ?www




一部差別的な表現がございますが当時を忠実に再現するため
そのまま表示してあります。ご了承くださいませ。




最後に↓ポチ↓っとクリックよろしく~♪
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- パンチ - 2015年02月20日 08:38:40

、、、相方が、、、言うてますオイラ(笑)はい、モテません(笑)イャオ!!(笑)

Re: タイトルなし - ジン - 2015年02月20日 12:32:31

>名古屋の○○さん

別に非公開じゃなくてもいいじゃないですか(笑
またコメントください^^

Re: タイトルなし - ジン - 2015年02月20日 12:35:57

>パンチさん

あっ!(笑
いや、別にパンチさんのことじゃ・・・(汗www
なんかスイマセン(笑

三重のハーレー乗りです。 - 光竜 - 2015年02月20日 20:25:26

はじめまして。。
最近、カラダが重くダルかったんですが
めっちゃ、笑ってカラダが軽くになりました。
ありがとうございました。
引き続き宜しくお願いします。^^

Re: 三重のハーレー乗りです。 - ジン - 2015年02月20日 20:30:42

>光竜さん


なんと!ブログにそんな効能が!!Σ(゚Д゚)(笑

今度は「皇潤」のようなヒザの痛みに効くブログを開発します(=゚ω゚)ノ

これからもヨロシクお願いしますね^^

トラックバック

URL :

プロフィール

ジン

Author:ジン
バイクが好きだ!と言いながら
そんなに乗ってなかったりする
中途半端な日々をお送りするブログです。

最新記事
最新コメント
ハーレーブログランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR